WOOL LABO.

「ふわふわして、やわらかい羊毛が
どうしてかたまるのかな?」空気みたいに細くて軽い繊維が
洗剤水をかけてチカラをかけていくと
縮んでいきます(フェルト化する)。

フェルトのひみつをお話ししながら、
羊毛にふれて、フェルト作りを一緒に楽しみましょう。

羊毛は可能性にあふれた素材。

とくにフェルトは、
保温力が高く、吸湿性にすぐれ、とても快適。

自由自在に形つくる楽しさを体験してもらえるように1dayワークショップや講習会を開いています。

※ワークショップ開催決定の際はinstagram,Facebook,ブログでお知らせ致します。

また、
子供会や学校行事、でのフェルトワークショップの企画運営のお手伝いも承っていますので、
メールにてお問い合わせください。

konnomegumi@icloud.com

↑小学生を対象にしたワークショップの参考作品です。所用時間は1時間。

 

WOOL LABO.では
「お湯と洗剤でかためるフェルト」をお伝えしています。

〜基本の手順〜

①羊毛フェルトの素材
こちらはメリノウール。
作る作品によって羊毛を選んでいます。

②型紙に合わせて、スライバーと呼ばれる羊毛を引き抜くようにちぎって、重ねて行きます。


③石鹸水をかけて、軽くこする作業→のし棒で巻き取り力を入れてローリングさせる作業でフェルト化を進めていき、しっかりしたフェルトの布を作ります。

左が洗剤水をかける前、
右がフェルト化した布

最後は水洗い、脱水、アイロンをかけて完成です。

フェルト初めての方はコースター、ティーマット、ポーチ(小物入れ)、アクセサリーなど2時間くらいで完成できるものをお薦めしています。

フェルト経験者の方は、数日かけてバッグ、帽子、ルームシューズなど、大作にぜひチャレンジしてください。